大きな銀杏の樹の下の小さな泉
UNE PETITE SOURCE SOUS LE GRAND GINKGO 

1995年11月8日(水)〜 12日(日) シアターVアカサカ(7st)




story


大都会の片隅にひっそりとたたずむ小さな喫
茶店。店を経営するのは寡黙な父親と笑顔の
優しいひとり娘。ここにはまるで傷ついた体
を休めに来る動物たちのように心優しき人々
が常連客として集まって来る。彼らはいつし
か客と客の垣根を越えて親しくなって行くが
全員の気持ちがひとつに固まりかけて来たそ
のときに店の娘が不治の病に取り憑かれてし
まう。自分の傷さえ癒せぬ心弱き人々はこの
降って湧いた不幸にどう対処するのか。今、
彼らの苦悩が始まる……。



episode


人間しか登場しない数少ない作品のひとつ。
山本周五郎の大ファンでもある僕ですが、週
五郎的市井の人々+フランス風に仕上げた作
品です。いつもはBGMにジャズを使うことが
多いのですが、これだけはシャンソンが流れ
ます。



cast


北原憲司/田窪一世
北原いずみ/古海裕子
鷺沼亮子/鶴屋紅子
秋川絵里/岡野佐多子
松本千夏/杉田陽子
春田紀子/山村志津子
冬木弘子/枝村みどり
平岡雅彦/植村拓也
後藤太一/佐藤荘二郎
柳原光雄/草刈弘
新谷早苗/一木美名子
飯島淑子/村上弥生









staff


作・演出/田窪一世
装置/木村光春
照明/板谷静男
音響/水越佳一
舞台監督/上村利幸、酒井詠里佳

撮影/田中健次
絵/小松修




review


▶︎今までの中でこの作品が一番好きです。奥
行きの深さを感じて感動しました。こんなに
すごい舞台ってほんとにあるんですね。今度
は母と一緒に見に来たいと思います。頑張っ
てください。(大澄佐智子、31歳、主婦)

▶︎なんでこんなに涙が出るんだろう。とても
優しい気持ちになりました。大切なことは声
高に叫ぶ必要なんてない。同時に二つの道が
歩けないのなら自分が選んだ道で出会った人
を大切にしたい。(伊藤均、42歳、僧侶)

▶︎良かったです。泣きました。何を書いてい
いのかわかんないです。前回の舞台でハマっ
たクラスメイトに勧められて来ました。わた
しもハマりました。今度は彼氏と一緒に来た
いなあ。このお話好きです。これからも頑張
ってください。(上新陽子、19歳、学生)