愛をあたえることに疲れた天使と愛を奪うことに疲れた魔女の物語
A STORY OF THE ANGEL TIRED OF GIBING LOVE AND THE WITCH TIRED OF TAKNG LOVE 

1995年7月30日(日) 〜 8月6日(日) 本多劇場(10st)




story


男は緊張癖のある高校美術教師。消極的な性
格ゆえになかなか愛を得られない。女はわが
ままな舞台女優。多くの愛をつかんだが最後
に得るのは虚しさばかり。都会の深夜、間違
い電話がきっかけで二人は出会い、偽物の優
しさで女を包んでやる男と、永遠の愛をつか
んだと勘違いする女。二人の愛はちぐはぐな
形で始まるが……。



episode


本多劇場初進出作品。僕たち小劇団にとって
本多劇場のブランドは高校野球でいうところ
の甲子園出場のようなもの。劇場自体も役者
にとってはとても気持ちの良い空間でしたが、
やはり僕たちには広すぎたようです。




cast


遠藤純一/田窪一世
手塚留美/岡野佐多子
山崎節子/村上弥生
金子良夫/植村拓也
篠原正人/佐藤荘二郎
後藤美佐/古海裕子
太田美代子/山村志津子
水島加奈子/鶴屋紅子
井上聖子/杉田陽子
吉田聡美/枝村みどり
木村文恵/一木美名子
警察官/草刈弘
警察官/植村拓也









staff


作・演出/田窪一世
装置/木村光春
照明/板谷静男
音響/水越佳一
舞台監督/上村利幸、酒井詠里佳

撮影/田中健次
絵/小松修



review


▶︎誰もが悩んでいる平凡なテーマ。だけど、
それが見事なキューピーマジックで新鮮に語
りかけて来ます。忘れていた、もしかしたら
気づかないふりをしていた自分が、物語に影
響され、心を見透かされたようで恥ずかしい
くらい大泣きしてしまいました。素晴らしい
舞台でした。(東正行、28歳、音楽家)

▶︎初めて拝見しました。本当に大人のラヴ・
ストーリーですね。日本にこういった作品が
生まれたというのはすごいことなのではない
かと思います。もっと注目されていい劇団だ
と思いました。(和村康市、35歳、ナレータ
ー)

▶︎確かにもっと大掛かりな舞台、劇的なスト
ーリーなどを見せてくれる劇団は他にもある
のでしょうが、見終わってからの余韻の長さ
は今までで一番でした。作家や演出家が当て
てやろうと捻り出した舞台ではなく、田窪さ
んが書きたいことを書き、それを団員の皆さ
んが温め形にしたんだなということが伝わっ
て来ました。(村田光司、33歳、会社員)